« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

裏町の聖者

トニー・レオンの目が欲しい。

●英雄●
残剣せつねぇ・・・

惚れた女に刺されるために
剣を手放した微笑は
たまらない表情だった。

受け入れて行く役が多い俳優さんだなぁ。


同じ人とは思えないほどすっとぼけた登場の

●裏町の聖者●
登場は爆笑。
どうやったらこんなに情けない顔になるのどういうことなの。
ただ、荒いけど好きな話だった。
彼の医者、いいな。
診てもらいたい。

「傷だらけの男たち」と「裏町の聖者」は永久保存版。

何度でも見るだろう。

淋しく、哀しく笑うひと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

誰得俺得

レッドクリフ→レッドクリフⅡである。
寝るつもりが二本連続してしまったのである。


トニー・レオン×リン・チーリンなんて
ネ申な組み合わせである。
リン様は奇跡である。
あの美しさは人知を超えている。
月9に出演なさっていた時は、キムタクそっちのけであった。
この女一人の為に、私でも戦争する。
小喬である。
トニー・レオンの妻である。
これ以上の夫婦はいないのである。

孔明に違和感があろうが、この2人が画面でニャンニャンしていてくれるなら、染谷は眠らなくても頑張れるのである。
くだらねぇ派遣先で居眠りこけばいいのである。

5時間近く満足であった。
トニー・レオンの殺陣と舞は素晴らしい。

アジアの宝物である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

トニー祭り開催中

・インファナル・アフェア
・ヒーリング・ハート
・花様年華
・傷だらけの男たち
・ヒーロー
・裏町の聖者
・ファインディンググラブ
・電影行動
・サウンドオブカラー
・ブエノスアイレス
・ラスト・コーション
・恋する惑星


ポンポン観てます

傷だらけの男たちの
あの表情は、初めて見る顔だった。

今まで、アジア圏の俳優さんの芝居って
そこまで上手いと思ったことがなかった。
特に言葉がわからない国の俳優さんに、ハマるとは思わなかった。

恵まれた体格やルックスでは決してない。
アル・パチーノのように、別人になるタイプでもない。


トニー・レオン。


しばらく研究します。
興奮して眠れぬ。
もう一回見よう。


一度ハマると病気です。
自分でも嫌だ、この性格。
ただ気が済まない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

「昨日品川にいたでしょ!」と言われ
染谷完全に「?????」
いいえ、昨日私は杉並にいました。

染谷に似ている人が
品川~船橋に出没したらしく
職場でちょっとした騒ぎに。
絶対行かないよそんなところ・・・。

そんなに似てる人っているか?
この身長で、この顔だぜ?

何で人違いって分かったか、というと
染谷はケータイで
その人はスマホだったから。
うーん、うーん、解せない。

もう1人のわたし。
ドッペルケンガーって、会ったら死ぬんだっけ。

見かけたら教えてください。
散切りの黒髪も、吊り目も厚い唇も同じだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

Эрмитаж

エルミタージュが国立新美術館に来ていたし
せっかく派遣サボったのでこないだ行ってきた。

平日なのでゆったり見れました。
やはり生の絵画は素晴らしい。
写真じゃこの色味は難しいよな…。

ずっと見たかった「死の天使」や、ルーベンス、ピカソ、といった有名どころ多数。
見応え充分。


Hermitageて世捨て人という意味らしい。
捨てたいなー…。

乃木坂から直結しているので、未見の方は是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

NASZA KLASA

初、文学座アトリエ。
迷ったのは秘密。

NASZA KLASAを観劇してきました。

まだ中日なのでネタバレするのは避けたいんだけど
言葉だけで想像したくないことを想像させられた。
具合悪くなりそうなくらい。
ただ、好奇心から見たいと思う自分がいて、無関心からくる残酷性を思い知る。


生で見せられたら「お芝居」で終わるものを、自分で想像してしまうから始末におえない。


皆さんお上手で、尋常ならざる台詞量を
普通にやっていました。
普通なことを普通にやれる技術力。

見れて良かった。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

ふいに

Img_72730524mini

おんなのこになる日もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

さわやかすぎる不法侵入

「そのとき、彼女との距離は0.5ミリ-57時間後、僕は彼女に恋をした」

恋する惑星を見た。
ハマった。

取り換えられた石鹸やぬいぐるみに話しかける姿は相当にかわいい。
セリフもいちいちいい。
「感受性の強いタオルだ」あたり、「え、そういう考え方?」とつっこまずにはいられない。
細かいこともつじつまもどうでもいいエネルギーだけ。

気づくまでいたずらする恋する乙女。

もちろんフェイ・ウォンじゃなければ不法侵入で逮捕なんだけど
ニヤニヤしてしまう独特の世界観。

「夢中人」しばらく聞こう。


僕たちは、恋する惑星に生まれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

カッ

恋する惑星がどうしても見たかったのに
何軒回ってもレンタル中で
もう頭に来たからトニー・レオンが出てる映画手当たり次第全部借りて
派遣休んで今日見る。

今、恋する惑星以外の出演作すべて自宅にあります。
こういう行動は病気なんじゃないかと思う。

カッとなってやった。
後悔はしていない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

講師

研修科でお世話になった伊沢先生の舞台を見に行ってきた。
変なことやればいいと思っていた私に
大事なことを懇々と伝えてくれていたのに
すべて取りこぼして、今そのツケを払っている。

きちんとした養成機関に通えば良かった、という後悔は消えない。

舞台の内容は、手放しに絶賛というわけにはいかない。
長いしケツは痛いし、グダグダした部分もあるし、客層にも劇場にも照明にも音にも、客として不満はある。
思うところは山盛りだとしても、観て良かったと思う。

ありがとうございました。

元生徒も戦ってます。

さて、映画見よう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

LOVESICK STAR

恋愛映画づいてるのは寂しいからだよほっといてくれ。


●2046●
誰も愛せない人って、誰からも愛される人なのかもしれない。
そんなラブストーリー。
忘れられない女がいる男はイヤー。


●パンチドランク・ラブ●
うーん、私には面白さがわからず。
早送りしてしまいました。


●コンティジョン●
あら、またジュード・ロウ。
未知のウィルスが拡大したら?というお話。
ウィルスより人間がこええぇ。

ラブストーリーを観てはキュンとしつつ
キュンとしつつも、実際コレなら引くな、と思う冷静な自分がいて
恋愛向いてないのかも、と落ち込みます。


※お椀まだカサカサ言ってます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

crazy,stupid,love

crazy,stupid,love
「私たちの関係はいつからこんなに冷え切ったの?」

邦題はラブアゲインというダサダサですが、25年連れ添った夫婦の再構築物語。
そして、プレイボーイは恋を知る。

都合よく進むストーリーですが
まぁまぁな出来。
ライトな作品でした。

写真はいただいた韓国パック★
お肌綺麗になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

ラスト・コーション

あら
いつの間にか、トニー・レオンも老けました。
初めて知った時は私まだ制服着てましたもんねタハハ。

セックスシーンばかり話題になるけど、下品にエロくないじゃん。
何がいけないかわからん。
これがなかったら、この映画作る意味ないだろうよ。
性欲処理のためではないんだから。

彼は言葉で本音を話したのかな。
怯えて確認しながら見てる。
すごい目だ。

仕草、視線、ひとつひとつ丁寧に丁寧に演技する役者さん。
あんなに優しい目で見つめられたい。
見つめられたいぃ。

レッドクリフの周瑜も良かった(三国志では曹操が好きだけど浮気)
トニー・レオンがやると、洗練される。

切ない、いい作品でした。
ラスト・コーションのシーンは巻き戻して何回も見てしまった。

エグい部分はないので、恋愛映画として女性に見ていただきたい。

明日返す前にもう一回見よう。

せつねぇ…


※お椀の中の虫はまだ生きているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

染谷は虫がダメです。
図鑑も触れないくらいダメです。

なのに染谷宅にでかい虫が出現。
ドアから一緒に帰宅したもよう。

恐怖と戦いつつ、半泣きでお椀を被せてみたものの
中で飛んでる音がする。
鳥肌。

闘えないのでこのまま数週間兵糧責めにします。
お椀を蹴飛ばさないようにガムテ止め。

アーメン。
誰か始末してくれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

My Blueberry Nights

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」という映画を見る。

ジュード・ロウみたいな人が店長の店はどこにありますか・・・?
初主演のノラ・ジョーンズもいい。
失恋から始まるラブストーリー。

売れ残ったブルーベリーパイとアイスクリームとソーダを
閉店後に用意してくれるマスター。

「君はブルーベリーパイと一緒で、悪いところはない。
 ただ選ばれなかっただけだ」

キュンとした、いいセリフでした。

マスターが店に忘れられた鍵をコレクトしていて、それにまつわるエピソードを話すくだりが好き。
防犯ビデオに、彼氏と浮気相手がうつっていて号泣するノラもいい。
何より、ここは君の席だと予約席にしてしまう部分がキュンキュンだ。
「君だけのために」こそ、女の子が一番好きなこと。
まー染谷にはそんな順番回ってこないんだけど。

一緒に鼻血出してるシーンがとてもかわいい。
色彩美、映像も凝っててたのしい。

くちびるにのこるブルーベリーパイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

編集手帳

万葉集には「恋」という言葉に
「古非」や「古比」に交じって
「孤悲」とあてた歌もある。
なるほど
いつの世もひとり悲しむものである。


編集手帳の広告が好きだ。
恋は1人でするもの。
愛は1人では出来ないもの。

恋愛映画を借りてきてしまいました。
明日からもさもさ観る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

WA!

WA!
WA!
WA!
着物をカッチリ着ると似合わないけど
ぐじゅっと着崩すのは似合うそうです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

六萬

6万HITありがとうございます。
前回の5万から、3ヶ月足らず。
毎日見てくれている方がいることは
励みになります。

7万HITの頃は派遣辞めていますように。
演技力、表現力が上がっていますように。
たくさんの台本を抱えていますように。
お金に困りませんように。
悪魔が来ませんように。

「今」から抜け出したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

御家人斬九郎

時代劇大好きな染谷ですが
御家人斬九郎が好きでやんす。
鳶吉が好きでやんす。

「傘、貸すんですよ傘。返しておくんなさいね」

このくだりは、銀魂紅桜でニヤリとしてしまう感じ。

帰ってこいとも、行くなとも言わない。
粋な江戸っ子。


若村麻由美さん、背筋が凍り付くほど美しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

『9-ナイン』 (The Nines)という映画を見ましたが
うーん、うーん、やりたいことはわかるんだけど
内容に問題があるのと
イマイチ3つの話がうまくつながらず
また「9」の定義もあやふやで
非常に消化不良な仕上がりになりました。
あの緑の紐はなんだったの・・・
それより「みどり」で「翠」って一発変換だったこのPCは何なの・・・。
どういうことなの・・・。

とんがらし麺、飽きてきたので沸騰した牛乳を注いで食べてみたらウマー!!!!

どうしても一人だと適当な食生活になりがちで困ります。
明日は野菜を食べなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

恋がゆくえしれず

DEVILって映画を見たんだけどね
もうね、アレなの

 シ ャ マ ラ ン 監 督 出 張 り す ぎ!!!!

必ず自身も出演することで知られるシャマラン監督ですが
まー、今回も美味しい役ですよ。
最初に掃除してる人かなって思ったら
セリフをベラベラしゃべるしゃべる警備員wwww

お話はー・・・うーん・・・惜しい
もっと怖がらせてくれるかと思ったのに。
「最後にひっくり返さないと死んじゃう」病気にでもかかっているのか彼は。
シャマラン病とでも言えばいいんだな。

ただ予想ついちゃった。しょんぼり。
期待した割には肩すかし。
悪魔には気をつけます。


そして、ミシェル・ファイファーの「恋のゆくえ」を観ていたら
DVDが途中で止まって「恋がゆくえしれず」になったよ!!うまいこと言ったよ!!
ビデオ屋近いから取り換えてもらってお詫びのタダ券もらったけど
深夜に恋愛映画を取り替えに来たすっぴんの28歳ってどうよ。

こっちの映画の方が名作でした。
恋はするものではなく見るもので
実る直前が一番楽しい。
そんな一番楽しい時の、大人向けほろにがラブストーリー。

ジェフ・ブリッジスってこんなにイケメンだったのか!マジか!
好きだ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

アメコミ調

Violet

明度や彩度をいじるのは楽しい。
パンクな仕上がり。

これも染谷ですよ。

そんな私は「とんがらし麺」ブームが再来しました。
飽きるまで食べます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

帯に短し襷に長し

「福岡 インプロ」で検索してくる方の多いこと多いこと。
情報はこちらから、みたいなアテンションが出来たらいいのですが今はとくになく。
コメントいただけたら、福岡でインプロをやろうとしている方とは繋げます。
お気軽に「プロフィール」からメールか、記事にコメントを下さい。
広がっていけ演劇の輪!!

トリガーラインも福岡で公演したいです。

さて映画「アンノウン」
5人全員記憶喪失だけど、そのうち2人が被害者で3人が誘拐犯だよ!
ただ、開始30分でオチが見えてしまいました惜しい・・・。
私で分かるなら、カンのいい人は完全にネタバレ・・・。
構成は面白かったのになー、オチなー、ひっくり返してくれればよかったのにー。
またはそのオチなら、取ってつけたような裏話いらなかったのにー。

まま、1時間半は楽しめました。

昨日は「ザ・ライト」のアンソニー・ホプキンスが怖くて(悪魔よりも彼が怖くて)
電気つけて寝ました。
いや、冷静に考えたら、部屋にアンソニー・ホプキンスが居たら芝居教えてもらうんだけど
目が覚めてあの顔がドーーーーーン!!はやっぱり怖い。

アンソニー・ホプキンス=永遠のレクター

食べられちゃう!!(M氏の名言)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

緊急ニュースです

染谷氏宅の寅吉容疑者が
染谷氏の母親のスリッパに昆虫を隠し、それを履こうとした母親に精神的な被害が出た模様。
また、マタタビやおもちゃなどの前歴もあることから
慎重に捜査を進めています。

調べに対し寅吉容疑者は
「フナナー!」という奇声を上げた後
黙り込んでいる模様です。

捜査の進展に期待が集まります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

ディスタービア

突然オフになったので、買い物して映画をレンタルして、教会に行ってきた。

また郵便局行き忘れた…クソー!!

だから映画三昧。

●ザ・ライト●
エクソシストって悪魔祓いなわけですが
そんなのレクター博士にやらせちゃダメだよ。
独壇場でした。

●狼たちの報酬●
うーん、無理があるかな。
惜しい感じでした。
アンディ・ガルシアってイヤミなオッサンやらせたら世界一やね。

●ディスタービア●
お隣覗いてたらそこで殺人があったらどーする。
意外と面白かったです。
大味なサスペンス。
うーん
明日から派遣とか
マジ勘弁して欲しいお。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

スーパームーン

昨日はスーパームーンだったそうです。

空、見上げましたか。

ゴールデンウイーク集中ワークショップが無事終わりました。
この3日間、詐欺なくらい早かった!
派遣の3日て貧乏ゆすりするくらい長いのにね!

毎日お芝居したいです。
贅沢に暮らせる月二十万のお金が欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

ゆめとまぼろしをもつ

「夢を現実にしたのに
 その現実に負ける」


名言だなー。

ワークショップ最終日です。
噛み締めていきましょう。

あぁ、もぅ、ずっと続けばいいのにな。
負けたくないね、現実に。

戦わなきゃ現実と!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

贅沢なワークショップ二日目

ワークショップ

医学博士とすべらない話


贅沢。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

ワークショップ初日

贅沢なゴールデンウイーク初日!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

瞳の奥の秘密

○神に選ばれし無敵の男○
邦題がダサくて耐えられない。
主役は役者さんではないので妙に生々しく、合わせていくティム・ロスがすごい。
全員が彼を全力で庇ったんだな。
やっていただいた側としては身につまされます。
話は長い!30分は削れたよね!


○モンスターズ○
あっさり味なのに消化不良。
食料も水も尽きず、愛の芽生えもわからず、ラスト納得いかね。
だいたいお前が他の女と寝たせいでこうなったんだろうが!的な、もう冒頭から感情移入出来ない。
ただタコ宇宙人が電気と光を食べるのは面白い。
低予算だけど頑張った。


○瞳の奥の秘密○
超絶にオススメ。
秀逸。
そりゃあ賞も取るよ。
叶わぬ恋と暴行殺人事件。
自分が同じ瞳をしているから分かること。
エレベーターのシーン素晴らしい。
いやあああ、ラスト完全にドンデン返しじゃないか…。
ヤラレタ!
すき!
目がよく語る役者さん揃いでした。
拍手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

ヴィジュアル系

さすがヴィジュアル系バンドの撮影が長いだけありまして
こういうポージング指導めっちゃうまい。
普通に生きてたら考え付かないもん。

勉強になりました。

トップ写真に使わせて頂きます。Img_68381

04281


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »