« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

スキ!

嫌い、より、好きのエネルギーを信じたい。
ポジティブなほうへ。

毎日毎日嫌なことばかりで完全に思考が停止していましたが
土日で戻りました。

もっとワガママに生きてみよう。
我慢はたくさんだ。

ただいま、あたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

ただのメモ

勝たんと打つべからず。負けじと打つべきなり。
なるほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

ナイトフィーバー!

ナイトフィーバー!
毎日職場でばんめし!

ルカルカナイトフィーバー!
毎日残業で時給2000円近くまで跳ね上がり美味しいですぅ。

今だけは無理しよう。
金稼がなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

プリティウーマン

何回目かのプリティウーマンを観る。
やっぱ、可愛いわジュリア。

脇役の人たちがみんな上手い。
今観ると、あのハゲ弁護士とか、ホテルマンとか、ウマーである。

話もちゃんとしてる。

『奇跡が起きた女がいる?』

このセリフは切なくていい。

口が大きい女に、勇気を与えてくれるなァ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

二本で限界

週末に映画二本。
平日は疲れて無理。
また無職になったらモリモリ観ます。

●THE PELAYOS●
実話ベース。
グッバイ・レーニン!のダニエル・ブリュールが大人になっていました。
なんとも口元の芝居が素敵。

しかしな、ヒロインがブスで。
水着でダメ、脱いでダメ、濡れてダメっていう、もうキツイくらいブス。
なんで惚れるかわからない。
理解出来ない。
というか美人が一人もいないんだわ。
ゆるい貞操観念。
脱がないでくれ!と願うラブシーンも珍しいよ、早送りでした。

話はなかなかで、オサレな感じ。


●ローマ法王の休日●
コメディかと思ったらかなり重たいテーマな作品でした。
衝撃的なラスト。

周囲の期待が自分の実力を遥かに超えたとき、人は恐怖を覚えるのか。
期待されたことのない人生ですが、色々考えさせられました。

もっと映画観たいのに、気力と体力が持たないのが悔しい。
続々と新作は出ているのになぁ。

映画、美術館、舞台、インプットしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

桜ミクまん

桜ミクまん
晩飯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

さくら、ひら、ひら

桜が綺麗です。
一番好きな花です。

咲くときと、散るときをわかっている。
出会いと別れの季節だからか
どこか寂しくて、でも希望があって。

雨みたいに花びらが舞う時が、一番好き。

もう春ですよ。
恋をしてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

ターナー

今年の秋に、ターナーがロンドンのデート美術館から来るそうですよ!

光や空気ごと描く画家というイメージがあります。
不思議な白色。

生レグルス観たいな。
予定に組み込もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

催涙スプレー

ネットで催涙スプレーを購入。
防犯だし、何かあったときに無力でも一矢報いたい。

1000円から数万まで様々ありました。
女の子たち、是非ひとつバッグに。
どこに反撃のチャンスがあるかわからない。

あ、クマにも効くそうですよ。
トウガラシチンキのやつは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

5kg

5kg
※一人暮らしです。

洗剤が欲しい人は、蓋のついた容器を持って染谷まで。

あなたのハートごと、満タンにしてあげるよ!(どや顔)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

ヘタッピ

正確に形を写し取るならば写真に勝るものはないので
その人の網膜と感性というフィルターを通し
手の筋肉のバランスと癖と嗜好が乗っかる絵画は
策士と無意識と両方が混在して
人の作品を見るのはとても楽しい。

受験でアホみたいに絵を描いていた頃は
作品の鉛筆のタッチだけで誰のものかすぐ分かった。
あー、あの人らしいな、と思う。
正直に本性が出る。
心理カウンセリングにも使われる理由がよくわかる。

そして
ヘタッピーの極みにいた私は、いつも追いつけない絶望の中にいた。
でも描いていた。
泣きながらも辞めなかった。

今も変わりゃしない。
このどうしようもない諦めの悪さと頑固さ。

もういい加減、芝居はヘタッピーから抜け出したいなァ。
うまくならねェや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

アンダルシアの犬

ダリが作った映画、アンダルシアの犬を久しぶりにみる。
コニヤスカッティとこいつは、何回見ても意味がわからない。

わからないから見てしまう。
なのに見るとモヤモヤする。

理解出来ない、を一つの行為として楽しめる人にしか勧められないけど、私は好きです。
たまには『?』に思考を手放しましょう。
あなたも良かったら、是非。

どうせ考えても、すべてに答えなんかない。

さあ、今日はワークショップ。
もっと芝居したい、ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

ハルノヨノユメ

昨日の夢の話。

どこかの市民ホールの楽屋にいる。
客入れ五分前くらいで、私はまだ化粧もしてないし着替えもしてない。
衣装もセリフも思い出せない。
速攻メイク、着替え。

お師匠とのシーンがあり、後ろ向いた瞬間に
「すみません、段取りもセリフも全部わかりません。本当に思い出せません」
と小声で伝える。
お師匠固まる。どうやら兄役がお師匠らしい。
どんな兄妹。

なんとかうまくカバーしてもらい、自分のシーン終わる。
出口が迷路。
ドレスが長くて足がもつれる。
すげぇなお師匠、とか思いながら、どうやら着替えるらしいが何百も衣装があってどれかわからない。
靴もない。
スリップ一枚まで脱ぐけどドレスがわからん。

冷や汗。
女の子だけの楽屋、みんな早替えで殺気立って聞けない。
マズイぞ、と思いながらスリップ姿で台本を探す。
私の性格上書いてあるはずだ。
でも私は夢の中でいつも字が読めないし書けないタイプ。
やっぱり台本開いても字が泳いで読めない。

出番らしく舞監が向かって来る。
待ってまだ着替えてないんだ、スリップなんだ。
いやもう時間ですからと押し出されると塔の上。
足場がちょっとしかない。
裸足。
げっ、高いな。下が見えない。
私は何故か髪が長い。
風で舞い上がる。

反対側にバーナードがいる。
佐川さん、私セリフも段取りもわかりません!と伝えたくても遠い。
バーナードの長セリフが続く。
私にピンサスがあたる。
何、この流れは。飛ぶの?
セリフが終わる、バーナードがこっちを見ている。
飛ばなきゃ今のセリフ台無しじゃねーか。
もう事故でもいいや止めるくらいなら飛ぶしかない。

後ろの壁を蹴って飛ぶ。
何人かの客の小さい悲鳴が聞こえる。
飛んでから気がつく。
そういや、命綱ついてないけど結構高くないか?
下にクッションあるっけ?
稽古した?
まて、あたしの出番こんだけ?

背中に雨が降る。
雷。
再びピンサス。
私はまだ落ちている。

何故か雲の下でサーカスをしている。
雨が上がる。
虹。

メガネをした紫色のイルカがいる。
イルカって地上にいるっけ?メガネするんだ。
何百人ものピエロが私を指差す。
歓声。ドラムロール。
しかし私もすごい劇場でやれるようになったなぁ、と思って落ちていると
サーカスのきつい化粧をしたお姉さんが、空中ブランコの弧を描く。
あれに捕まればいいのか。

待て待て、冗談じゃないタイミングのがしたら死ぬぞこの高さ。
スピードついてるしぶつかったら危ない。
何で確認するか思い出せない。
虹が眩しい。
お姉さんが手を伸ばす。
もういいや、掴まりゃいいんだ。
ダメならそんなもんだあたしの人生。
あとちょっとのところで、猛烈に紫色のイルカがシャボン玉を吹き上げて来る。
ちょ、お前、邪魔だ、見えないじゃないか。
シャボン玉、虹、すべて乱反射、ミラーボール。
目の前が眩しい。
光に蝶々の群れが集まる。
いやだ、虫は嫌いだ。
やめてくれ。

私は頭が悪いのに、こんな無茶苦茶な段取りひどい。

死に物狂いで腕を掴む。
離れてゆく蝶々の群れ。
お客様の拍手。
お姉さんの赤い爪が手首に食い込んで痛い。
何故か右手にスペードのエースのカードがある。
いつ渡された?
爪が食い込んだ腕から血が垂れて来る。
ああ、怪我をしたらお師匠に怒られる。
あとでタイミング確認しないと。

再び大きく弧を描く空中ブランコ。
うるさいくらいフライミートゥーザムーンが聞こえる。
紫色のイルカがグランドピアノをひいて歌っている。
あれ、このあとは?
このカード小道具?
誰に渡すの?

降りたら全部確認しないとー、、、

暗転。

で、目が覚めました。

ふぅ、夢の中でワンステージ決めたぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

トラップトレイン

帰宅時の電車内のアナウンスが
完全に尾崎豊で
笑を堪えるの必死。

さいごの「です」の、「す」までの間がめっちゃ長くて
「あ」の母音すべてが強くて
独特の唸るような発声で

すごく、疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

紅琥珀

紅琥珀
「そういうの、買ってくれる男いないのか」

「いません!(即答)」

欲しいものは自分で。
紅い琥珀のクロスペンダントヘッド。

一度ママンに預けて教会で祝福してもらいます。

届くのが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

マルセイユソープ

マルセイユソープ
ママンにもらったマルセイユソープ
で、デカッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

薄月

銀の上等な爪切りで切ったような、薄い月が好き。
昨日の月は、切れ味抜群。

今宵の月のように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

研究中

研究中
ニホンゴ ムズカシイ

でもこれ、結構な演技力が必要ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

ふっかつのじゅもん

シモンさんからのメールで
なんとか息を吹き返しました。
いやー、危なかった。
腐るところだった。

師が戦ってんだ。
まだ、戦わなきゃ。

逃げる、は選ばない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

コスメラバー

コスメラバー
化粧品買うと、つまんない平日もちょっとだけ楽しい


…3日間くらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

正しく直された

こないだの打ち上げ会場は
3.11のときに、徒歩で帰宅していた道の途中にありました。

『あ、ここ歩いたぞ』

懐かしさと異常事態が、リンクしてゆく。

白いもやがかかっている記憶。

目が覚めたんだ。
死ぬかも、と思ったら。

あなたが地震の後に一番先に連絡したのは、誰でしたか。
一番に頭に浮かんだのは誰でしたか。

真っ先に頭に浮かんで真剣に心配した人が、理性を蹴っ飛ばして正直に大切な人。

正直になろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

乗るものじゃなく、見るものだよ

乗るものじゃなく、見るものだよ
観覧車を見ると、いろんなことを思い出す。

横浜美術館の帰りにパチリ。
この日は強風で止まっていました。

平日はどこもガラガラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

ミミカキスト

ミミカキスト
耳かきが好きなんです。
また買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

革命記念日の花火

本当は会田誠にする予定が、彼は生きているしまたやるから
という理由でキャパにした。

派遣早退して横浜美術館へ。

レストラン トゥール・ジャルダン で見る革命記念日の花火

という写真が印象的だった。

常設展にもダリやら有名どころ多数。
オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

遠い背中

遠い背中
すごいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

レニ

レニ・リーフェンシュタールの話になったんだけど
私はなぜか、この人を見ると可愛そうだと思ってしまう。

美貌から才能、長寿まですべてを持ち合わせていたのに、彼女が時代や政治に合わせることなく作りたかったものが
彼女の作品からはどうも感じ取れなかった。
世間一般にはパーフェクトウーマンなんだけどね。

しかしそう思ったのは、小生意気な学生時代の話。
30目前の今、もう一度彼女の作品を観てみよう。

美術回帰なう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

毎朝誓うこと

毎朝誓うこと
今日は早く寝よう。

慢性的に寝不足です。

眠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

ゲルダ・タロー

『破滅型と短命で時間に限りがあるひとたちに惹かれそう』

ああ、そうだな。言い得てるなぁ。
好きなんだよ、そういう戦士たちが。

ロバート・キャパの有名な言葉に
『君がいい写真を撮れないのは、あと半歩前に出れないから』
というのがあるけど、私はこの意味を
『君がいい写真を撮れないのは、ゲルダのような女性が側にいないから』
だと思っている。

だって、キャパの半歩前に居たのは、いつもゲルダだから。

26歳の若さで亡くなる強く美しい女性。
公私ともに、彼女はロバート・キャパだった。

そんな彼女の日本初の展示が、横浜美術館にて。
http://www.yaf.or.jp/yma/exhibition_web2/001/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

風が吹けば桶屋が儲かる 打ち上げ

MOTアニュアル2012 
Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる

の打ち上げでした。

美大の学生さんやら、アーティストやら、なんか山盛り。

色んな話ができました。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

北川フラム×羊屋白玉

昨日は派遣を早退して瀬戸内国際芸術祭のトークイベントを聞きに行きました。
授業のような堅苦しさはなく、ただ、指輪ホテル観たいわー。

白玉さんは猫みたいな人です。
不思議な女性。

ちらっと展示してあるものがすごいオサレでテンションあがりました。
やっぱり真っ白って、人をちゃんとさせる色だわ。

瀬戸内国際芸術祭。
チェックしてみて下さい。

行きたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

訛り実況 キリンさん

東北訛りでホラーゲームを怖くしないで実況してくれるキリンさんのプレイ動画を見ていて
うっかり泣いた。

零 刺青の聲

零シリーズはビビリな自分では出来ないけど、ずいぶんしっかりした話の作り。
和製ホラーはこうじゃないと。

しかしなー、そりゃあ恨むよ、化けて出ちゃうよ。

ラスボス戦は、みんなが『早くラクにしてあげてくれ』というコメントを入れるほどの痛々しさ。

彼女は、ただ瞳を閉じたいだけ。

せつない。

でもキリンさんがかけてくれるゴーストバスターズ!や、レッツゴー陰陽師などのお陰で怖くないだけなんだ。
ガチでやったら怖くて眠れないぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »