« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

ナラカミーチェ

ナラカミーチェ
超お気に入りの、ナラカミのワンピース!!
たまには女の子するのよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

林田×佐川

林田×佐川
春のいい男祭り開催中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

漢三人芝居



イケメン祭りでした。


いっこうさんの本、すごい面白かった。
素敵な俳優さんたち!!
明日ラスト一回、是非。

以下コピペhttp://ruth-happiness.com/
第一回公演決定!
Ruth 第一回公演
「漢三人芝居」
【場所】
演劇フリースペース・サブテレニアン
【日時】
2015年3月27〜29日
※終了※27日(金)19:30
※終了※28日(土)14:00/19:00
30日(日)13:00
【チケット料金】
全席自由席 当日・前売り 3000円
【チケット発売日】
2015年2月14日0時〜
【出演者】
今西 哲也
大高 雄一郎
春川 真広
【脚本】
石山英憲(Theatre劇団子)
白坂英晃(はらぺこペンギン!)
波多良 叶(3oE)
★林田一高(文学座/Trigger Line)★
五十音順他詳細は近日公開予定!Ruth-ルース-Ruthとは。。。
「今西哲也」「大高雄一郎」「春川真広」の
役者三人からなるユニット。
定期ツイキャス等、「全ては役者の糧になる」をテーマにこれから様々な事に挑戦する。
お問い合わせはこちら。
Twitter
@ruth-happiness

2015年3月29日 (日) | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

東京藝術大学

東京藝術大学
うおー何年ぶりだろ?
懐かしくて悲鳴あげそうでした。
若い頃、よく遊びにきたんだ。

佐川さんのリーディング観てきた!
最前列で見て大正解。
これは後ろ、聞こえないわ。

言葉、言葉、言葉、言葉だけがまさに空回りしていた。
モラトリアム真っ只中の若さとエネルギーと、素晴らしい独りよがり。
あいたたた、私もこうだった。
自分のことしか考えられなかった。
若さって、羨ましいほどに清々しく痛い。

ノイズのような言葉。
聞き取れなくて身を委ねる部分の面白さ。
でもカクテルパーティ効果で、自分の耳が拾う言葉はいつも、耳が痛い言葉ばかり。
人は見たいものだけを見て、聞きたいことだけ聞いてるんだよな。

聞かせる部分がもう少しちゃんと聞こえると尚良かった。
面白い台詞だったから、聞きたかった。

ピアノが強過ぎたのかなぁ。
芝居ともう少し呼吸したら、きっともっと面白くなる。
途中挟む映像も、もっとガンガン色味を乗せてしまえばいい。
床も天井も使えたんじゃないか?
まだまだ、のびしろがあって素敵だ。

その中で、佐川和正、独壇場である。
クリアな言葉。
本当に癖のない、明瞭な日本語。
楽器よりいい声だった。お世辞抜きで。
聞きたい部分がちゃんと聞こえてくる。
そうか、立ち居振る舞いからハケの美しさ、聞いている姿まで、こうも違うのか。
彼が1人でまとめ上げていた。
相変わらず、この実力。

終演後大人気過ぎて10秒も話せなかったのが心残りです。
せっかく可愛くしていったのに。
ショボボボン。

そんな馬鹿なことは置いといて
挑発的に芸術へ中指立ててる若者に拍手。
忘れないでその気持ち。
君たちは確かに喧嘩売ったんだ。
そのエネルギー、しかと受け取ったぞ。

大学時代が一番楽しかったなんて、そんなクソつまんない大人になるな。
自分の物差しと価値観で生きていけ。
あとは自己責任。

そのために、今は死ぬほど迷え。
悪態ついて泣いて騒いで世の中が悪いと声高に叫びながら、それでも作品を作れ。
1人になるな、それが個性の死だ。
人と関わり続けるんだ。
それが君たちの狼煙だ。

この年でもまだ、ババアは中指立てて生きているのよ。

とにかく
みんな、みんな、お疲れ様!!
いろんなものを思い出させてくれる、アバンギャルドなリーディングでした。
いいもの観れた。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

光と色のドラマ

書き忘れていた。
先日無理矢理観てきました。
新印象派展。

マクシミリアン・リュスが最高だった。
「ルーブルとカルーゼル橋 夜の効果」
椅子でずっと眺めていた。

強い色味を使う、強い絵。

個人収蔵なんだよねー欲しいなー。
美術館に一緒に行ってくれる男も欲しいなー。
どの絵が好きだったなんて話しながらさ。
はー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

和食万歳

和食万歳
母の友人がご飯作ってきてくれた!
美味しい!
和食万歳!

この母の40年来の友人は、本当にカンナに似ている。
喋り方や、性格が。

自分の幸せだけを願う人間にはなるまい。
誰かを幸せにしてこそ人生。
その人数が多ければ多いほど、豊かな人生なのだと思う。

盗んでまで金を溜め込み、誰かを陥れてまで
私は生きていたいとは思わないよ。

愛して、楽しんでこそ、人生。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

大人の絵本

大人の絵本
エロい意味ではなく、この本面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

Put you on your feet

すっ転んでいい。
泣いて騒いで当り散らして、それでも生きてればいい。
また立ち上がって、反省して、後悔なんかするのは時間の無駄。

それだけのことだ、人生なんてものは。

知覚して判断を下す自分の脳味噌と、戦い続けるだけ。
いつだって迷いなく、真っ直ぐに。

こんな私を想ってくれる人がいるから
心配してくれて、支えようとしてくれるから
その手を今は、しっかり掴ませてもらう。

あとで必ず返すから。
今受けた恩は、形にして必ず返すから。

感謝と誠意を持って、正直に残りの人生を生きていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

或は、鍵盤上の青春

佐川さんのリーディング、詳細あげておきますね。
芸大行くのすんげー久しぶりよ。

学生のみんな、がんばれ。
今の君たちは、無敵なんだよ。


藝大21 第9回奏楽堂企画学内公募
最優秀企画
「The way we were on the keyboard 或は、鍵盤上の青春。」

http://www.geidai.ac.jp/container/sogakudo/27810.html


日時 2015年3月27日(金)
19:00開演(18:30開場)
会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料 入場無料(全席自由)
※18:00より奏楽堂前にて整理券を配布します。

主催 東京藝術大学演奏藝術センター
東京藝術大学音楽学部
お問い合せ 東京藝術大学演奏藝術センター
TEL:050-5525-2465

藝大生への公募によって行われる企画公演「奏楽堂企画」。
第9回となる今回は、夏目漱石「こゝろ」、奥浩平「青春の墓標」に着想を得て、学生運動を舞台に描かれる青春群像劇である。自ら死を選んだ若者達の赤裸々な言葉、鍵盤楽器によって奏でられる名曲の数々、日本画による多層的な映像表現。
朗読と音楽と映像によって描き出されるのは、暗く、鬱々とした、絶望と恥-オント-にまみれた青春の負の側面である。
現代の若者は、そしてかつて若者だった人々はどう生きるべきか。我々は、今こそ総括しなければならない。

█ あらすじ

老害よ、総括せよ。
若人よ、自己否定せよ。
独りであること、未熟であること。
これが我々の原点である。

― 鍵盤上で交錯する指と指が音楽を奏でてゆくように、僕たちは出会いと別れを繰り返し、物語を紡いでゆく ―
思想と主義が氾濫し、革命への理想と現実が交錯する学生達の熱く愚かな時代。
芸術による革命を志す芸術至上主義団体「全楽連」に所属する中原、小林、そしてふたりが想いを寄せる長谷川。
芸術の自由と未来の為に闘う中で、彼らは自らの存在の意味を問い、それぞれの選択を迫られる。
一人の男は芸術の夢を諦めて社会に迎合することを選び、一人の男は理想を追い求め、芸術に全てを捧げようとする。
そして悪意のない無邪気な女は一人、男達の物語を交錯させる。
自己否定と総括の果て、去り行く時代の残骸の上で彼らは何を見出すのか。

█ 作・演出

中井 陽介

█ 出演

佐川 和正(文学座)
温井 裕人
石井 基幾
元吉 有希子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

Trigger Woman

「きっかけは染谷。」

いろんな人に言われる言葉。

エネルギーの撒き散らし癖、発動中。
変われと言った覚えはないし、他人は変えられないことを20代で学んでるからもうやらない。
でも、勝手に何かを受けとってくれてありがとう。

「きっかけ」は、英語ならtriggerにもなる。

私が本域でケツを蹴っ飛ばすのは、好きな人だけ。
あとは知らない。

背中押されるのを待ってる人が多い。
お芝居で、その背中を押せるようになれたら幸せだな。

だから躊躇なく引き鉄を引きまくるぜ。
これからだぜ、ベイベー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

Big Hand

Big Hand
手のデカさに驚いた。
この頃からか。
今ピアノは全然弾けません。

ギター頑張ってます。
手が大きくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

すっちー

佐川さんに教えていただいた
吉本新喜劇の「すっちー&松浦ギター」にドハマっている。
正式な名称がイマイチわからないんですけど、すっごい面白い。

ワンパターンの極みである。
借金の取り立てに来たヤクザが、子分にギターを弾かせて
しかもそのギターは借金のカタにぶんどってきたギブソン。
ビビるほどのギターテクニックなのに、とんちんかんな曲でオチるっていう王道中のベッタベタ。
どうしても爆笑してしまう。

しばらくハマります。
なんやーこれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

拒否

拒否
見たまえ。
芝居ではない、本域の拒否である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

体感時間

すごく素敵な話を聞きました。

人間は体感時間で年を取るから、毎日楽しくてすぐ時間が過ぎる人は
いつまでも若いんだって。
そりゃあたし、若いわ。

毎日を楽しく生きよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

ワウワウ

先日オンエアされました
WOWOW「LEGEND "2015" ~新春キツネ祭り~さいたまスーパーアリーナ」ですが
新規にナレーションも収録させていただきまして
ちょっとでも楽しんでいただけましたら、こんなにうれしいことはない。

見たよ!というお声もたくさんいただけて、もう、女優冥利に尽きます。

本当に皆様、ありがとうございます。
これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

完全に私のハーレム

完全に私のハーレム
飲んだ飲んだ。
食べ過ぎた。

もう、みんな大好きだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

オーディション2015

オーディション2015
トリガーラインのオーディションでした!

染谷が大好きな俳優さん2人。
皆様ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

ギター三ヶ月目

バタバタして書き忘れてた。

ギター、三ヶ月目ですが
ここのところ色々ありまして
一日数時間しか練習出来なくて
腕があまり上がっておりません。

ギターを触らない日は無いけど。
また12時間くらい弾く日がないとダメだな。

ギターダコはしっかりと指先にございます。

時間がないなんて言い訳はしない。
やるど!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

モニカ・ソスノフスカ

モニカ・ソスノフスカ
人智を超えた力と
どうしようもない閉塞感
廃墟の切なさ。

「犯人は私たちの中にいる。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

サンセット

サンセット
夕暮れがあんまり美人だから。
2015.3.11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

きっと今日は、みんなが空を見上げて祈る日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

夜中の薔薇

幾度も泣き怒りあきらめ、やっと人生との折り合いをつけることを覚えた人間だけが持つ、穏やかな表情が浮んでいた。
(当節結婚の条件『眠り人形』向田邦子原作)


お互いに見せ合った恥の分だけ、いたわりと温かみが生まれたんじゃあないか。
(『冬の運動会』向田邦子)


「あたしはトシだから」「面倒くさいことはカンベンして頂戴よ」と人生に対して白旗を上げてしまったが最後、残りの人生は捕虜と同じである。(中略)年をとったからといって、どうして、人生を「おりる」必要があるだろう。
(寺内貫太郎の母『夜中の薔薇』向田邦子)

ふと、向田邦子祭り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

ガラス屋さん

ガラス屋さん
ぶつけて自宅のガラスにヒビ入ってしまって
来てくれた業者さんが本当に素敵なお兄さんでした。

ありがとうございました。

お世辞でも美人って言ってもらえたら、やっぱり嬉しいものよ。

先日ロングのウィッグをつけて出かけたら、ものごっついナンパされたので
男はロングヘアが好きなんだな、と実感した次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

アメリカン・スナイパー

アメリカン・スナイパー観てきたんだ。
あのね、銃声でビビリ放題ビビってきた。
怖い音がするんだよ。


以下ネタバレ感想なので、嫌な方は回れ右しよう。


スナイパーっていうと、アニメ好きはリザ・ホークアイだろうし
歴史好きはシモ・ヘイヘなのかもしれないけど
スリリングなドンパチよりは、重たい重たい映画でした。

観終わった後、外の空気が吸いたくなる映画というか
なんと言えばいいのかわからないんだけど
酒が飲みたくなるのは確かである。

容赦なく撃ち抜かれていく子供、親切そうな人が武器商人だったり
人間不信から崩壊していく精神。
見てる側も、敵のスナイパーを撃った時にはガッツポーズしてしまったろう。
そんな自分に驚いたはず。
殺人行為であるという自覚の麻痺が、映画の中で客の中にも起こっていた。

嫁もな、追いつめてやるなよ。
男は自分が納得しなきゃ絶対ダメなんだから。

腑に落ちない部分もある。
私なら最後、奥さんがドアを閉めたところで終わらせる。
葬儀の部分でアメリカンヒロイズムが見えてしまったことと
赤ちゃんがものっそい人形だったことが大変惜しかった。
くどい。

政治色は抜こう。「ベルリンの東」のように。
私は反戦でも好戦でもないが、表現に政治は入れたくない人間だから。
見てる側に、考える余地を少しください。

ラストのワンカットだけ出演の、明らかに異常だという俳優さん。
本当に異常でした。
ああいうの、どうやれば演じられるのさ。

でもこれは映画館で見てよかったです。


無音のエンドロール。

立たない客。
いや、立てなかったんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

老害よ、総括せよ。

老害よ、総括せよ。
なんとパンチの聞いたコピーであろうか。
そうだね、その通りだと思うよ。


老害よ、総括せよ。
若人よ、自己否定せよ。
独りであること、未熟であること。
これが我々の原点である。


佐川さんが芸大でリーディングやるんだよ!
美しい台詞を聞きに行こうよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

15の夜の頃

15の夜の頃
可愛かったな。
自画自賛。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

弥生の月

弥生の月
月があんまり美人で
もう春の匂いがして
素敵な三月になりそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

お師匠さん脚本提供

お師匠さんが脚本提供するお芝居詳細です。

大高さんマジイケメンなので、女子の皆様集いたまえ。


以下コピペ

http://ruth-happiness.com/

第一回公演決定!
Ruth 第一回公演
「漢三人芝居」

【場所】
演劇フリースペース・サブテレニアン
http://subterranean.jp

【日時】
2015年3月27〜29日
27日(金)19:30
28日(土)14:00/19:00
30日(日)13:00

【チケット料金】
全席自由席 当日・前売り 3000円

【チケット発売日】
2015年2月14日0時〜

【出演者】
今西 哲也
大高 雄一郎
春川 真広

【脚本】
石山英憲(Theatre劇団子)
白坂英晃(はらぺこペンギン!)
波多良 叶(3oE)
★林田一高(文学座/Trigger Line)★

五十音順

他詳細は近日公開予定!

Ruth-ルース-

Ruthとは。。。

「今西哲也」「大高雄一郎」「春川真広」の
役者三人からなるユニット。

定期ツイキャス等、「全ては役者の糧になる」をテーマにこれから様々な事に挑戦する。

お問い合わせはこちら。
info@ruth-happiness.com

Twitter
@ruth-happiness

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

87年

87年
染谷、四歳である。
変顔の歴史である。

今でもこの顔するわ、私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

や
面白い上司とのラインが相変わらずひどい。
なぜかこの人Facebookで大人気で、ちょっとイラッとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

白洲正子

「今は命を大切にすることより、酒でも遊びでも恋愛でもよい、命がけで何かを実行してみることだ。」

白洲正子さん、大好きなのです。
美しい女性。
生き方や、言葉が。
この人でなければジローは大成しなかったろう。
私の中で最高にいい女といえば、白洲正子なのである。

中途半端さは板の上でバレるのです。
声だけでもバレるのです。
お客様は馬鹿ではない、迷いは見抜かれてしまう。
趣味でやっている俳優の惰性も、うまくいかなかったら辞めようという逃げも
舞台の照明は照らし出してしまうのです。
裸にひん剥かれる。

技術や経験はやっていればつくし、下手でも腹さえくくっていれば見ていても不愉快ではない。
どんなに上手でも不愉快になる芝居は、腹をくくってないからとしか言えない。
場所を与えられてるからと慢心した芝居ほど、私爆睡です。ねむねむ。

「10年後も俳優でいます。」
そう断言できる人たち。
闘い続ける人たちとご一緒出来ることに、感謝。

命の使い方。
金もそう。使い方に出るんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »