« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

2015まとめ

終わりますね2015.
なんだかまだ信じられないのですが。

「人はいつか必ず死ぬ」
そんな当たり前のことを、骨身の髄まで理解しました。
あと何回満月が見れるのか、あと何回舞台に上がれるのか。
無くしたものを数えても仕方ない。
いま何が出来るのかだけを考えよう。

目覚めた瞬間から奇跡は始まっている。
当たり前の日々に感謝を繰り返しながら、生きていきたいと思います。

今年お世話になった皆様
BABY METALおよびトリガーラインの皆様
文学座三銃士の皆様、しもんさん
本当にありがとうございました。

一人では乗り切れなかった。
感謝、感謝です。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
ひたすらに邁進してまいります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

NO

引き続き映画食いあらし中。
柿とか林檎とか蜜柑とか、フルーツがあると毎日幸せ。

●NO●
なんでこんなに映像が荒いのかと思ったら、80年代の映像に合わせてくれていました。

広告代理店vs独裁政権。
リアリティよりイメージをどう伝えていくか。
主人公のレネが常に無表情で冷静だからこそ、この仕上がりなんだと思う。

音楽もないしドキュメンタリー寄りなのですが、非常に面白く観れました。
ただ嫁さんとのことは解決して欲しかったなぁ。

最後どっちが勝つか非常にワクワクしました。
すごくオススメ。

●All you need is kill●
ごめんなさい。
何がいいのかさっぱりわかりませんでした。
ラストの無理矢理ハッピーエンドで興ざめ。

でも日本の小説が、世界に発信されたのは素晴らしいと思う。

●サード・パーソン●
あー。
痛い痛い痛い。

書き手のエゴはよくわかる。
愛されたいと願うから、遠のく愛情。

クラッシュみたいに全員実在で最後に交錯するのかと思ったら、残りは小説の中か。
いやどうなの、実在なの?
謎の残るストーリー。

是非見ていただきたい。

●キングズマン●
「まわりの仲間より優れていることは、特に立派なことではない。本当の気高さとは、過去の自分より優れていることだ」
ヘミングウェイ

生まれで人生は決まらない。

現代版007。
新しい感じの長撮りアクション。
主人公には弾が絶対に当たらないリフレクがかかってるタイプの映画です。
何にも考えたくない時にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

個展用撮影

無事終わりました。
驚くほど素敵な写真になりました。
いやー、うれしい。

展示をどうぞお楽しみに!

仕事おさめ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

10月の旅人

10月の旅人
面白いわー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

恋愛小説家

引き続き映画を食い荒らしてます。

●ブルージャスミン●
ほら、自分の頭で考えないからこうなる。

大好きなケイト・ブランシェットがイタいセレブやってます。

何がしたいの?
何を持ってるの?
何を残したの?
何が出来るの?
正直になれや!
お金は助けてくれないよ。

オフィーリアみたいな終わり方で、これは幸せになれない生き方だなぁと。

●ホットファズ●
最高に面白かったです。
馬鹿しかいない村だった。

ここまでハリウッド映画を茶化して大丈夫なんだろうか。
元になった映画を観たことが恥ずかしくなるほど、あの映画のあのシーン満載です。
イケメンがやらないと絵にならない不思議。

ブラックコメディだわー。

●エル スール●
絵画のような美しいスペイン映画。
何この色彩感覚とバランス感覚。

「世の中、勝った方が言い放題なのよ」
影を落とすスペイン戦争と、父の秘密、振り子。

大人になるって、墓場まで持っていく秘密を抱えることなのかもしれない。

ヒロインが滅茶苦茶可愛くて萌え死んだ。
君のせいじゃない、誰のせいでもない。
親や、妻や、夫や、いろんな役割をラベリングされても生きるって難しいね。

万人受けはしませんが、ミニシアター系が好きならオススメ。
幼女が好きなら、なおのことオススメ。

●恋愛小説家●
ジャック・ニコルソンの顔が怖すぎて、何度かラブストーリー見てることを忘れるレベル。
今更?と言われてもアーアーア聞こえない。

とにかく犬がくっそ可愛い。
これ飼いたい。

「相手のために自分を変えようと行動した」
ここに愛があると思うのです。
好きなら自然とできることなのに、好きじゃないと絶対できないことでもある。

ヒロインすごく素敵だった。

そして恋愛小説ってのはこういう人がガチで書いてるんだと思う。
読みたい恋愛と、現実の恋愛は違うから。

眠れない朝は焼きたてのパンを買いにいこう。

●デビルズ・ノット●
モーヤモヤするわー。
実話ベースなのはわかった。
わかったけどモヤモヤして終わりたくない。

書き手の思いみたいなものは、フィクションでぶっ込んでほしい。
ドキュメンタリーならドキュメンタリー見るから。

コメディなのかとツッコミたくなる杜撰な捜査。
いやこれ、どう考えても無実じゃね?
おかしくね?

非常に気分の悪い仕上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

素敵なご夫婦にお呼ばれ。

美味しいものをお腹いっぱい食べました。
素晴らしいクリスマス!!
食べるのに夢中で何にも写真撮らなかったことに、帰宅後気づいた。

にゃんこがかわいかったのに!!
明らかに私に怯えていたけど!!

日々、人の優しさに支えられ何とか己を見失わずに居られる私です。
感謝感謝でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

友ぬこ

友ぬこ
母の友人宅の、ぬこ。
あんなに小さかったのに。

メリークリスマス皆様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

例のカレンダー

例のカレンダー
面白い上司に修造カレンダーを送りつける簡単なお仕事です。

メリーアツクルシイデス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月22日 (火)

別離

日々もそもそと映画。

●ハンナ・アーレント●
すごい女性がいたもんだ。

アイヒマンが捕まったところから物語はスタート。
考えることで人間は強くなるという信念の素晴らしさ。

「理解を試みるのと許しは別です」
最後の演説は、素晴らしくパワフルでした。

「こうなると、わかっていても書いたか?」
「ええ」

届かない人には届かないし、最初から否定的な人もいる。
それでも自分の頭で考えて判断する。
この強さ、すごい。

●(500)日のサマー●
アニー・ホールにアメリ足して2で割ったら3余りましたみたいな、その3がこの映画です。

思い出すのもアレなくらいの恋をしたことがあるか、ないかで評価割れる。
私は痛い痛い痛いごめんなさいもう許してくださいって気分になった。

「最初から合わなかったのに見ないふりしてたのは自己責任だろ!セフレから恋人には絶対昇格出来ないから腹くくれや!愛で他人は変わらんぞ!!運命の人なんかいねーよ!偶然だ偶然!目ぇ覚ませぇぇぇ!!」
的なナタを振り下ろされ続ける主人公に同情してしまうのは、私だけじゃないはず。

世界は美しい!→みんな死ねぇぇ!のジェットコースターを何周しても、また人は懲りずに恋をする。
運命の相手がいると信じたいね。いないけど。

●日の名残り●
オススメされたので観てみた。

だあああ!!まだるっこしい!!!!
好きなら好きだって言えやあああ!!!!

っていう映画でした。
俗物にまみれてる私には、もうそこでチューしちゃえよ!押し倒しちゃえよ!と
ハラハラハラハラしっぱなし。
ストイックに生き過ぎ!!抜くとき抜かないと!!

恋ってのは自分の頭の中で、ひたすらかき混ぜるものなんでしょうか。
好きだって言ったら終わっちゃう恋か。
庇護欲を愛と誤認しちゃダメだよ。
現象で必要とされるのと、精神的に求められるのは違う。

ただ、ものすごくいい映画でした。
オススメ。

●別離●
ボタンのかけ違い、気持ちの押し付け合い、決めつけからくる悲劇。
のっけから最後まで大喧嘩してます。

家族って難しいよ。
金が絡むと最悪なんだよ。
介護のつらさも、何にもしないで死んだら金だけ貰おうっていう悪党も良く知ってる。
金に汚いやつは絶対ロクな死に方しないからね。

相手を思いやれたら。
100%理解し合えなくても、歩み寄れたら。
ほんの少しの感謝があれば。

さみしくなる。

●セッション●
楽器はどれも難しい。
でも人間関係が一番難しい。
意外なストーリーでした。

「お前は無能だ」
「無理だ」
「帰れクソ野郎」
それでも逃げなかった主人公に拍手。

尻を上げるな。
座り続けるのも才能だ。
決めるのは、自分自身。

熱意だけじゃどうにもならないこともあるけど
熱意がないなら、そこに立つ権利がない。

ラストシーンかっこ良かったー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

しにものぐるい

邪悪なハンコ屋、しにものぐるいさんで
ハンコ作ってみました。
すんげー可愛い。

企業理念に感動した。
もう生涯ここでハンコ買う。

よく渋谷と間違われますが染谷です。
そめたに、じゃなく、そめやです。
まぁ、名前なんかどうでもいいよね。
ただの識別記号だから。

でも可愛いほうがいいよね。
すんげー可愛いやべぇ。
大事にします。
ありがとうございました。

他にも可愛いハンコありますので、是非調べてみてくださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

戦争の反対語

「戦争の対義語って本当に平和なのか?」
という国語的かつ幼稚な疑問をもって色々調べてみました。

何で戦争するって言うけど、平和するって言わないのか?

戦争(せんそう)とは、おもに内政問題あるいは外交問題の武力解決であり、国家による政治の一手段である。
平和(へいわ)とは、戦争や内戦で社会が乱れていない状態。
wikiより。

ほほー。
war ⇔ peace

理屈は理解した。
しかしどうもしっくりこなくて
悶々と考えて、ようやく一つの言葉に行きついて腑に落ちました。
はースッキリした。

で、周りの人に色々聞いてみた。

「慈愛」って言う人もいた。戦争を憎しみ合いととらえたらそうだろう。
「叡智」って言う人もいた。戦争をバカのすることだとしたらそうだろう。
「創造」って言う人もいた。戦争を破壊をとらえるならそうだろう。

「許し」って言う人もいた。「享楽」って言う人もいた。「尊厳」って言う人もいた。
どれが正解とかじゃなく、自分の中で納得する言葉を持ってるかどうか。

もしほかの答えを持っていたら、是非是非聞かせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

貫禄

貫禄
貫禄
完全にビビってるバイト先の家猫と、貫禄のある野良寝。
ガラス一枚挟んで大喧嘩です。

そんな小さい体から、よくそんな声が出るよな。
羨ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

パンズ・ラビリンス

大好きなギレルモ監督作品。
何軒か回ってようやく見つけてホクホク。
んで、観た。

なーんだよこの作品はよオオオオオ!!
って見終わってから叫んだ。
それくらいのパンチ。

独裁政権下のスペインを舞台に
とんでもない現実と、とんでもない妖精世界が交錯していく。
ファンタジーの描き方は秀逸の一言に尽きる。
天才だって、こんなの作れるのこの人しかいない。

少女の妄想なのか、現実なのか。

死後の救いみたいなものを、いつも予想斜め上からギレルモ監督は描いてくる。
今回も完全にしてやられました。

多少グロいけど、ご愛嬌である。
悪党には悪党の死に方があるんだよ。

現実かどうかはどうでもいい。
主人公が納得してれば、それは紛れもなくハッピーエンドだ。
お見事。

ああギレルモ監督万歳。
大好き。メロメロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

サルバドールの朝

主にスペイン内戦をテーマに。
一本だけラブストーリーをば。
うるせーこちとら人肌に飢えてんだよ。

●フィフティシェイズ・オブ・グレイ●
平凡な大学生×大富豪のイケメンという、ハーレクインの王道。
全世界で1億部売れたって事実がすごいので観てみた。

憧れるかと言われると、確かにキュンとするシーンはあるけど「こんな男いねーよ!」の一言で終わる。

みんなドキドキに飢えてるのは理解した。
しかも自分から求めるドキドキじゃなく、強制される自分に責任のないドキドキだ。
自分から行くから面白いと思うんだけどなあ。

妄想用ラブストーリーとしては優秀。
触れたい、ってのは人間の根源欲求なのかな。
愛されない寂しさ、よくわかる。

●蝶の舌●
スペイン内戦が始まるまでを描いた少年と先生の物語。
途中までは、のほほんとしたスペインの美しい風景に癒されたんですが
終盤の空気の変わり方怖い。
もうほんと怖い。

ラスト、痛すぎて呆然でした。
エンドロール見切ってしまった。

主人公のその後を想像してしまう。
生涯のトラウマになりかねない。

ずっしり来ますが、かなりの秀作。

●サルバドールの朝●
グッバイ・レーニンで滅茶苦茶可愛かったダニエル・ブリュール主演。
この人の笑顔と芝居すごく好き。
好青年をやらせたら世界一。

フランコ独裁政権末期の実話。

うまくいくと図に乗って大義を見失なっていくんだなぁ、っていうお手本みたいな映画。
ヒーローというには非常に人間くさい。

罪がないか、と言えばあると思う。
ただその理由が問題なんだ。

ラスト、号泣しちまった。
家族愛って、持ってる人には当たり前。
ない人間からすれば桃源郷だ。

●誰がために鐘は鳴る●
ヘミングウェイが描く、人民戦線側の視点。
イングリッド・バーグマンの美しさときたら。
この髪の短さでこのオーラ、この瞳の強さ。
そりゃキャパも惚れるわ。

古い映画なのでテンポが遅くて、何度か寝落ちしそうになりました。
時代のリズムを感じる。

ラブストーリーが主軸なので、ラストの切なさもひとしお。
信念に生きるって、やっぱりかっこいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

ガブリ

ガブリ
撫でてって言うから撫でたのに噛まれました。
どんだけツンデレだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

イミテーション・ゲーム

今更感満載ですが、映画見まくるタイム。
さあ雑食に食い荒らしていくよ!!

●イミテーション・ゲーム●
大好きなベネディクト・カンバーバッチィィィィィ!!!
解読出来ちゃったら暗号の意味がないわけで、ハナから無茶に挑んでいく姿はとってもかっこいいです。

理解したから愛し合えるはずもなく、割り切れることもなく。

「あなたが普通じゃないから、世界はこんなに素晴らしい」
何が正しいかなんか、わからなくなるのが戦争。

●誘拐の掟●
いつの間にかアクションが出来るおじさんになったリーアム・ニーソン。
もうシンドラーのリストの面影がない。

少年ギャングとおっさんのタッグとか結構王道でした。
ハリウッドハリウッドな仕上がりなので、何か嫌なことがあったら見るといいと思う。
美少女が可愛すぎてビビった。
犯人の動機とか思考が理解できなくて、掟どこ行った。

生きてるから苦しい、殺しちゃったら苦しくないんじゃないかって思想は日本的なんだろうか。
「瞳の奥の秘密」で、自分の恋人を殺した犯人を捕まえて
ずーっと口もきかないで監禁してるシーンがあったけども、あれが一番残酷だと思った。

●大統領の執事の涙●
なんでタイトルに「の」が二つ入ってるのかツッコミたい。

黄色人種しかいない民族からすると、白人も黒人も外人というくくりなので
なんでこんなに黒人が差別されるのか、やっぱりわからないわけです。
KKKとか怖すぎ。

フランコ、ケネディなど、知ってるとニヤニヤしちゃうシーン満載。
ただ綺麗にまとめ過ぎた感アリ。

●ナチスの犬●
オランダ映画です。
加害者と被害者が同在するという、新しい切り口。

自分のやったこと、これからやるべきこと。
曲げられた信念と尊厳を取り戻す美しさ。
極限の状態のときに、その人の本性が出るんだよなぁ。
見たくないものたくさん見たな今年。

切ない映画でした。

●オン・ザ・ハイウェイ●
クズが話をするよ!的な、クズの話。
アルバトロスなんで、そこでもう察して。

俳優さん一人芝居と独り言、ワンシチュエーションモノ。
腑に落ちなかったです。
全然腑に落ちなかった。

●グッド・ライ●
うーーーーーん。
惜しい、なんか色々惜しい。
ドキュメンタリーっぽくするより、エンタメにすべきだった。

アメリカって移民も受入しちゃうすごい国でしょ!みたいな宣伝と取れなくもないけど、やらない善よりやる偽善だと思うので
スーダンがどれだけ大変なのか理解出来たから、もうこれはこれでアリか。

とんでもない人生である。
それでも生きる、人間の生命力すごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

萌え2015

今年最大の萌えは
佐川さんと個展打ち合わせのとき、私がちょっとノーパソで作業しなきゃいけなくて

「時間かかるのでお待ちください。あ、これさっき買った銀魂ってジャンプ漫画なんですけど、読みますか?」

って、絶対佐川さんはこういう下衆いものは読まないだろうと思いながら一応勧めて
「あ、染ちゃんはこういうの好きなんだって軽蔑されたらどうしよう。しかもそれ近藤さんがウンコ漏らす回だよヤベーよ。もう人生オワタ\(^o^)/」
と物凄い後悔に襲われながら作業始めて2秒後に、佐川さん大爆笑してらしたことで決まりです。

銀ちゃん、空知さん、萌えをありがとう。
これで私、生きていける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

WORLD TOUR 2015 in JAPAN

BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN - THE FINAL CHAPTER OF TRILOGY -

ちょっとでも楽しんでいただけたら幸いです。
今日は寒いから、みんな温かくして風邪ひかないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

二億円

二億円が当たった連絡が来て一瞬ぬかよろこびしました。
迷惑メール業者の皆様、刹那の夢をありがとうございました。

二億円ください。
わりとガチで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

無垢な線

女子美に掲載してもらいました。
http://www.joshibi.ac.jp/event/news/3095

なんのてらいもなく、心のままに引かれた線を見に来ていただけたら。
恐ろしいほど正直で無垢な線です。
私にはとても引けません。
あれー、どこで無くしたんだろう。

台詞や生き方にも出るものだなぁ、と佐川さんの作品を見ながら思いつつ。

私も初日以外は17時から在廊する予定ですので、どうぞ皆さまお時間ありましたら
フラッとサイト青山まで遊びに来てくださいませ。
初日はね、夜フラメンコなので不在です。

冬の青山~原宿は、イルミネーションも綺麗ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月10日 (木)

パンダ

本日はパンダパック。
ジョーカー感パネェ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

思案

佐川さんの個展ではTシャツ販売も考えていますが、デザインを思案していたら完全に手が止まりました。

| | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

だるま

だるま
前回公演のときにいただいた開運だるまマスク使いました。
これで私の願いはすべて叶うぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

about 銀魂

うっかり銀魂集め出してしまいました。
染谷は銀魂とシティーハンターで出来ている。

納得して呑み込んで自分の軸でズドンと立ってる人間に、自分から逃げ回って他人の言葉でフラフラしてる人間が敵うはずもねェのよ。
10代ってのはただの動物で、20代で大失敗して死にたくなって、30代で立て直したつもりなのに潰しながらもんどりうって、40代で余計なものが全部取れて漸く花開くんじゃないかと思う。

「もう殺してくれ」って叫ぶくらい追いつめられる経験は、自分の器を強制的に押し広げられているんですわ。
きっついですけどね。きっついですけども、自分からは逃げられん。
どうせ味わうなら若い方がいい。

銀魂は言葉のコミックである。
その真っ直ぐな言葉にガツンとぶん殴られたくて、アッパーカット食らいたくて読むのである。

「小汚くても、テメェらしく生きてく事の方がよっぽど上等だ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

親愛なるきみへ

原題は「Dear John」

お父さんが最高だった。
このお父さんがいなかったら退屈だった。

ラブストーリーには「くっつく」「離れる」の二択しかない。
そこにどれだけのエピソードを入れられるかが力量で
今回は月とコインの話。

エエッ。たった2年も待てないの?とも思うけど
脳内お花畑の大学生には長いんだろう。
ラストなんだかなぁで、なるほど評価が低いのもうなづけましたが
アマンダ・サイフリッドは最高にキュートだからそれでもういいや。

「さみしかったから」って何の理由にもならねーと思う私は女子じゃないのかもしれん。
自分の国のために戦ってるんだよ?ねぇねぇ。どんだけ利己的だよ。
と、後半まったく共感できないワタクシでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

容姿

たとえお世辞でも、容姿について褒めていただけることは嬉しいもので
最近そういう機会が増えて
ずっと比べられ、けなされ、見下され、褒められることなんかなく
自分は決して恵まれた容姿ではないという自己暗示が、染みついた劣等感みたいなものが自信に変わっていく。

背が高いこともそう。たいてい最初の会話のきっかけは背丈。172センチですが何か?
きつい顔立ちもそう。性格もきついと決めつけられて大損こく。もっと性格悪いのいっぱいいるのにー。
ずっとずっとコンプレックスだった。

「背の小さい、かわいらしい女性になりたかった」

そういう一切のものが溶けて、ようやく自分で認められるようになった。
32年かかったかー。

特にこの数年間は、だから自分はダメなんだと責めることばっかりで
そりゃ自信なんか持てるはずもなく、一人では作れないものだってことがわかった。

でもやっぱり褒められなれてないもんだからキョドるんです。
キョドるんですが、嬉しいんです。

いい女、いい男は褒めるのが本当にうまい。

悔しいから頑張ろう、ってネガティブなところから始まっていたのに
嬉しいから頑張ろうって、スタートがポジティブなのは気分のいいものです。

さぁ、今日もがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

フリッフリ

真っ赤なファルダ(フラメンコ用のスカート)を買いました。
もうねー何枚でも欲しくなる。

フリッフリで足がものっそい長く見えて
着てるだけでテンション上がる。
いい女になった気分になれる。
衣装ってやっぱスゲェ。

本家スペイン製。
日本にはなかなかない色。

あとはこれを自由に使えるように、踊りこむだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

マスキング

来年佐川さんとの個展でお借りするギャラリーの下見をしてきました。
うん、面白くなりそう!!

雑務に追われて日々てんてこ舞いです。
どれもこれも私の頭の悪さが原因。
要領が悪いもんだから、後手後手。

今ギャラリーではこちらの展示をやってます。

「いいことって けっこう あるよね」
artist: 内村尚志さん

素敵すぎてマスキングテープ買っちゃった。
ご本人様もとても素敵でした。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

メリーさんの

メリーさんの
面白い上司がケータイを自宅に忘れたそうです。
そこで、私とのやりとりを見てみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

夏の夜の夢

ジュリー・テイモア監督作品
「夏の夜の夢」
を観てきた。

もうね、最高だった。
最高だった。
素晴らしかった。

いまだ鳥肌が止まらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »