« 上官 | トップページ | Fandango »

2017年1月 6日 (金)

フォックスキャッチャー

とんでもない映画観てしまいました。

ごめん、なんか、チャニング・テイタムのことずっと誤解しててごめん。
陰の芝居すると本当に素敵な俳優さんでした。
ごめん、筋肉バカだと思っていてごめん。

陽のヒーローばっかりやっていたから、この人それが合わないのだ。陰の人なのだ。

そしてずっと、スティーブン・キングの「ドリームキャッチャー」を録画したつもりでいたので
よーしB級映画観るぞーって思って観たので、もう、???で
「ずいぶん作風変わったなー」「おかしいな、どこでドリームキャッチャー出るんだ?」と前半集中できず、気づいたのは1時間経ってから。
さすがにアタマから見直しました。

あたしどんだけバカだよ。

度肝抜かれたのは、スティーブ・カレル。
「40歳の童貞男」の人ですよ!ねぇ!なんなの!
この人の間合いなんなの!予想できないよ!こんな悪役見たことないよ!
WDのニーガンみたいなユラユラ系悪役もアレだけど、偏執的なデュポンの完成度たるや。
お母さんに見せるシーンとかもう、イタタタタタすぎて居たたまれない。

全編にわたってある異常な陰気さと緊張感、滑らかなストーリー展開にヨダレが止まらない一本。
ただ、レスリングなんて1ミリも興味がない私には、ドリームキャッチャーと間違えなければ絶対観なかった一本。

スティーブン・キングに感謝。
新年からセレンデピティだ。

|

« 上官 | トップページ | Fandango »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1362070/69140087

この記事へのトラックバック一覧です: フォックスキャッチャー:

« 上官 | トップページ | Fandango »